トップ > 最新情報 > 報告会 > 第12回九州シンクロトロン光研究センター研究成果報告会(2018年8月1日)

第12回九州シンクロトロン光研究センター研究成果報告会(2018年8月1日)

電子線、X線、イオンビームなどの量子ビームの利用技術は近年大きく進歩しており、九州シンクロトロン光研究センター(SAGA Light Source (SAGA-LS))も良質なX線である放射光を扱える施設として、これらの技術進歩に貢献すべく日々努力を重ねております。

 産業の中で、特に工業の分野において利用されることが圧倒的に多いこれらの量子ビームですがSAGA-LSでは2006年の開設当初、農業・漁業の分野も重要な貢献先と考えて活動を開始いたしました。以来10余年、自然界を相手に量子ビームを活用して成果を上げることが、非常に難易度の高いものであることを改めて認識した次第です。

 2018年度の研究成果報告会では、農業・漁業への貢献に再度アクセルを踏むべく、これらのテーマに焦点を合わせました。著名な先生お二人に特別講演いただくとともに、県立の試験研究機関で継続的な活動をされてきた方々に講演をお願いして、今回の特集を企画しております。

【日時】2018年8月1日 10:00~17:00
【場所】ホテル グランデはがくれ 2F(フラワーホール)
     〒840-0815 佐賀市天神2丁目1番36号

詳細はこちらをご覧ください

1 of 11