トップ > 利用事例 > ベストプラクティス集 > 中温型固体酸化物燃料電池開発に向けた燃料極触媒の構造解析

中温型固体酸化物燃料電池開発に向けた燃料極触媒の構造解析

saga-feni

固体酸化物形燃料電池は高効率ですが、一方で部材の低コスト化、長寿命化のために低温化(400℃~600℃)が求められています。そこで低温化に対しても高効率を維持可能な触媒の開発を試みました。その結果、XAFS法を用いてFe-Ni合金触媒が有効であることを見出しました。図にNi含有量と触媒性能(効率)の関係を示します。
(実験施設:SAGA-LS、利用者:住友電気工業(株))
(②012-2014年度トライアルユース等)