トップページ利用事例ベストプラクティス集新規炭素材料の軟X線XAFS評価とその商品化

新規炭素材料の軟X線XAFS評価とその商品化

rits-carbon

新規に開拓したカーボン材料が電池負極材料として利用できるかどうかを判断するには、材料中に含まれる不純物が充放電においてどのような挙動をするかを解明することが不可欠でした。そこで、不純物としてppmオーダーで含まれるSi, P, Al, Mgなどの影響を軟X線XAFSで調べ、結果をフィードバックすることにより、電気的に安定な炭素材料の開発に成功しました。
(実験施設:立命館大SRセンター、利用者:(株)クラレ)
(2013-2015年度成果公開利用制度)