トップ > 利用事例 > ベストプラクティス集 > 高速中性子ディテクターの開発支援

高速中性子ディテクターの開発支援

handai-scint

レーザー駆動中性子源の2.45MeVの高エネルギー特性と単色性を利用して、新たに開発したリチウムガラスシンチレーターの時間応答特性を測定し、フィードバックを通して、課題としていた中性子計測器の高速応答を達成した。

(実験施設:大阪大学レーザー研、利用者:浜松ホトニクス(株))
(2013-2014年度成果公開有償利用課題)