トップ > 利用事例 > ベストプラクティス集 > Li3NbO4系高容量リチウム電池の開発とその評価

Li3NbO4系高容量リチウム電池の開発とその評価

rits-battery

Li二次電池に新規に鉄ニオブ系材料を正極に使うことで、従来を上回るエネルギー密度が得られることを確認しました。放射光を用いたXAFS、XRD、更に理論計算を行った結果、遷移金属イオンの酸化還元反応だけでなく、酸素が大きく関与することを発見し、この高容量の起源を突き止めました。
(実験施設:立命館大SRセンター、利用者:東京電機大及びGSユアサ)
(2015年度成果公開利用制度)