光ビームプラットフォームシンポジウム


イベント詳細


2020年度の光ビームプラットフォームのシンポジウムは受託事業の5年間を振り返り、最終年度として活動の総括を報告するとともに、今後の方向性を議論します。なお、コロナ感染症の流行状況を踏まえ、オンライン開催といたします。奮ってご参加下さい。

【日時】2021年3月12日(金) 13:00 – 16:40

【方法】Zoomのウエビナー、及び特設ウェブサイトでのyoutubeを用いたストリーム配信(限定公開)

【主催】光ビームプラットフォーム

【協賛】日本放射光学会、日本化学会、SPring-8利用推進協議会

【参加費】無料

【申込方法】光ビームプラットフォーム事務局に、ご所属、お名前、連絡先(電子メールアドレス)を記載の上、電子メールにてお申込み下さい。(宛先:contact★photonbeam.jp ★は@に書き換えてください ) 締切は2月18日(金)17時とさせて頂きます。2月下旬に、接続先情報を電子メールにてご連絡いたします。

プログラム

13:00~13:10 開会・事務局連絡
13:10~13:20 代表のご挨拶 KEK-IMSS・小杉信博
13:20~13:45 講演1:硬X線XAFSラウンドロビン総合報告 KEK-IMSS・木村正雄
13:45~14:10 講演2:HAXPESラウンドロビン総合報告 JASRI・廣沢一郎
14:10~14:35 講演3:軟X線XAFSラウンドロビン総合報告 立命館大学・太田俊明
14:35~14:50 質疑討論(参加者からの質疑)・小休憩
14:50~15:10 講演4:施設連携・人材育成の総合報告 AichiSR・渡辺義夫
15:10~15:30 講演5:レーザーの産業利用の将来動向 大阪大学・猿倉信彦
15:30~16:10 講演6:KEK量子ビーム連携研究センター(CIQuS)における共用設備の自動化・リモート化の取組、将来構想 KEK-IMSS・雨宮健太
16:10~16:30 講演7:中性子ネットワーク関係の取組(仮題) 北海道大学・加美山隆
(予定)
16:30~16:40 質疑討論・閉会