第7回次世代先端デバイス研究会/第46回SPring-8先端利用技術ワークショップ


イベント詳細


JASRIとSPring-8利用推進協議会が主催するワークショップをお知らせします。

********************************************************************
趣 旨:微細化による性能向上が難しくなっているといわれながらも、新しい構造、材料の採用により発展を続けるSiデバイスや、その限界を超えるためのIV族、III–V族化合物半導体デバイス技術の研究は実用化に向け着々と進められており、またフレキシブル、低環境負荷、低コストでユビキタス社会に向け期待される次世代半導体としての有機デバイスの研究もますます盛んとなってきています。これらデバイスの材料、デバイス構造、製造プロセス開発での課題解決のために、SPring-8の高輝度なX線を活かした評価は有用な技術です。 今回は、3D nano-ESCAを用いたデバイスの測定と機械学習によるデータ解析事例の紹介や、次世代太陽電池として注目されるペロブスカイト太陽電池の解析、太陽電池やトランジスタ向け有機半導体材料及び薄膜成長、評価技術の最新の研究と放射光利用事例を紹介する。

日 時:2019年11月 7日(木) 13時00分〜19時00分
会 場:AP品川 京急第2ビル
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23 7階 Sルーム
主 催:(公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)、SPring-8利用推進協議会
協 賛:光ビームプラットフォーム

プログラム詳細及びお申込については下記サイトをご覧ください。

http://www.jasri.jp/iuss/research_activity/2019/20191107.html