SPring-8講習会「産業利用に役立つXAFSによる先端材料の局所状態解析2019」


イベント詳細


主に産業界の方でSPring-8において利用実験をご計画中のXAFS分析の中・上級者を対象としたXAFS(X線吸収微細構造)スペクトル解析法の実習を行います。今回は、第一原理計算によるXANES計算の基礎と応用についての紹介およびフリーのX線吸収スペクトル計算ソフトによる実習を行います。
 理論計算からのXANESスペクトル計算のメリットの一つは、計算するモデル構造を自由に作ることができることです。これにより、EXAFSの情報からだけでは決定しづらい構造モデルの候補のいくつかをXANESスペクトルから推測する手がかりになります。さらに、スペクトルを構成している電子状態の軌道成分の解析が可能であるため、そのスペクトルのピークの起源がどのような電子状態に起因しているか知ることが出来、材料の特性との相関を知る手がかりになります。

【開催期間】 2019年02月28日 (木) 13時25分から03月01日 (金) 15時00分まで
【開催場所】 国際ファッションセンター  (JR総武線「両国駅」徒歩約6分)
【主催】 (公財)高輝度光科学研究センター(JASRI)
【共催】 SPring-8利用推進協議会「産業利用研究会」
【協賛】 光ビームプラットフォーム(予定)、日本XAFS研究会(予定)

お申込み・プログラムの詳細はこちら(SPring-8講習会サイト)をご参照下さい。