各施設のコロナ感染症対策・運転予定等の最新状況一覧

6月1日現在の更新情報です。

光ビームプラットフォームを構成する各放射光施設の発表情報に基づいて運転予定等の概要を一覧にまとめました。なお、更新のタイミングによって施設の最新情報と異なる場合がありますので、ご注意下さい。

体調不良時等における対応や採択済課題のキャンセル方法等の詳細については、施設によっては平常時とは異なる運用を行う場合もあります。運用の詳細については施設のサイトで確認あるいは施設に直接お問合せ下さい。

SAGA-LS 施設は期首計画に沿って運転中です。
コロナ感染症対策のための課題キャンセル(キャンセル料は請求無)や再調整を受付けています。(5月15日発表
JASRI/SPring-8 5月11日以降も当面の間、ユーザー利用は停止です。再開日については、一定の準備期間を考慮した上で事前にお知らせいたします。来所を伴わない産業利用ビームラインにおける測定代行および産業利用準備課題、並びにタンパク質結晶構造解析用ビームライン(PXBL)における自動測定も対象となります。但し、新型コロナウイルス感染症関連研究に限り、緊急課題または時期指定課題としての利用申請に対応致します。(5月1日発表
なお、2020A期の採択課題は2021年3月まで延長し、7月までに実施できない採択済みの利用研究課題は10月以降のビームタイムに延期を可能とし、2020B期の課題募集は行わなわずに10月以降において確保できるビームタイムは2020A期として追加募集を行います。(5月27日発表
兵庫県立大学ニュースバル 緊急事態宣言解除を受けて、ニュースバルの利用運転を再開しています。 外部のユーザーによる利用は当分の間禁止とさせて頂いていますが、 受託測定等の来所を伴わない利用に関しては利用可能となっています。(6月1日発表
立命館大学SRセンター 緊急を要する実験のための利用運転を開始する予定です。外部利用については、当面の間、外部利用者の皆様の当センターへの立ち入りは禁止とします。測定試料を郵送等でお送りいただき、当センター研究員が測定を実施します。(5月13日発表
あいちSR 緊急事態宣言の解除に伴い、来館による(第2期の)通常利用を6月2日(火)から再開します。(5月22日発表
KEK-PF  2020年度第一期の共同利用は中止しましたが(ビームタイムはキャンセル)、状況の好転等により、6月の後半の2週間(6/15-7/1)、短期間かつPFのみ、運転を実施します。(5月29日発表