光ビームプラットフォームシンポジウム2019の報告

平成31年3月1日に秋葉原UDXギャラリーにて光ビームプラットフォームシンポジウム2019を開催しました。冒頭、文部科学省研究開発基盤課の渡邉課長より来賓のご挨拶を頂戴し、次いで、硬X線XAFSデータベースに関する招待講演(北海道大学:朝倉教授)と光電子分光のデータベースに関する招待講演(物質・材料研究機構:吉川DPFC副センター長)が行われました。今回のシンポジウムではこれまで検討してきた標準化とラウンドロビンの経過報告として、プラットフォーム構成機関から、硬X線XAFS、HAXPES、軟X線XAFS、小角散乱の4手法のラウンドロビン実験について報告を行いました。参加者は約80名で活発な議論が行われました。ご参加された皆様、ありがとうございました。

プログラム