活動状況

1期目の光ビームプラットフォームを含め、これまでの活動をご紹介します。

transfer vesselの普及
transfer vesselは嫌気性試料の運搬用として立命館大学SRセンターが開発したサンプルステージ内蔵の真空引き可能な運搬装置です。技術が展開され、あいちSR、兵庫県立大ニュースバル、九州SRに導入されました。

XAFSデータフォーマットの検討
記録メディアの大容量化と高速化により、従来の実験データのデータフォーマットに装置条件などの詳細情報も付加して記録したいという要望の高まりを受け、XAFS用の9808データフォーマットの更新案としてxmlを用いたフォーマットを検討しました。テンダー領域のXAFSデータの記述、実験データの2次元化、3次元化を見据えてデータフォーマットについては現在も引き続き検討を行っています。
参考文献: 仁谷ら、“「光ビームプラットフォーム」おけるXAFS分野の活動”、第19回XAFS討論会、P-34、2016年9月2-3日.

サンプルホルダーの互換性
同一試料を異なる施設で実験する際に、サンプルホルダが異なると試料を付け直しをせざるを得ない場合があります。そこで、9x7mm程度の抜き差し可能な共通ステージを定義して、試作を行いました。現在、ラウンドロビンで活用しています。

トップランナー技術の水平展開
transfer vesselの他にも各機関が持つ優れた技術を水平展開して技術レベルを高める取組も行っています。嫌気性試料のXRD実験を行う場合に有用なHe雰囲気形成用のカプトンドーム(SPring-8の技術)をKEK、あいちSR、九州SRに展開しました。

また、小角散乱実験に用いる真空槽の窓材に従来のカプトンフィルムに替えてスぺリオフィルムを用いる方と良いというノウハウの展開も行いました。少量で足りることから、プラットフォームで一括購入して普及を図りました。

ラウンドロビン実験
先端研究施設を積極的に活用するユーザーは、施設の運転時期に応じて施設の使い分けを行ったリ、異なる光源特性を活かして複数の施設を活用して解析する場合があります。また、低濃度の試料など、装置限界に近い条件での実験を希望するユーザーもいらっしゃいます。そのようなケースにも的確にアドバイスが出来るように、光ビームプラットフォームでは各施設で同一試料の実験を行い、施設の特長と実験データの互換性をお互いに把握する事を通して施設の技術力の向上を図り、最終的にはユーザーサービスの向上につなげる活動を行っています。2016年度から取組を開始し、硬X線XAFS、硬X線光電子分光、軟X線XAFSなどでラウンドロビン実験を行っています。