各施設は様々な利用制度をご用意しています。下記表は各施設の利用制度を、費用と成果の取扱いの観点で整理したものです。なお、共同研究や委託研究などは施設の利用とは必ずしもリンクしませんが、公開情報として明に判る場合には、その他の欄に記しました。各施設の具体的な利用料金は各施設のサイトでご確認下さい。施設によって中小企業や県内企業などの優遇制度、初回の利用料金の割引制度、高度化設備の利用料金の付加、等の様々な利用枠とそれに応じた料金があります。また、定期募集とは別に緊急課題を受け付ける施設もあります(JASRI/SPring-8、KEK-PF、HiSOR、UVSORの随時利用など)。
なお、ご注意頂きたいのは、放射光施設はそれぞれが独自に設計されたものであり、光源の特性や強度などが異なるために、料金の多寡を議論しにくい側面があるということです。料金は設備投資、設備性能、単位時間で可能な実験量(※)なども関わります。利用制度や料金の詳細に関しては、各施設のサイトで確認するか、直接お問合せ下さい。

施設 ∖ 制度の特長無償
– 成果公開 –
有償(減額)
– 成果公開 –
有償(減額)
– 成果専有 非公開 –
有償
– 成果専有 非公開 –
その他
SAGA-LS■トライアル利用
注)利用制限有
■公共等利用
■探索先導利用
■先端創成利用
■佐賀県内企業による一般利用■一般利用■共同研究
HiSOR■共同研究課題(G、U)■開発研究
JASRI/SPring-8■一般課題(成果非専有)
■長期利用課題
■緊急課題
■成果公開優先利用課題■成果専有一般課題
■成果専有測定代行課題
■時期指定利用課題

NewSUBARU■トライアルユース
注)利用制限有
■共用利用・減免制度■共用利用■共同研究
■受託研究
■研修生派遣
立命館SR■成果公開型利用■スポット利用
■委託分析
■共同研究
■研究委託
AichiSR■成果公開無償利用課題
注)期首時のみ
■公共等利用■中小企業利用
■トライアル利用
注)利用制限有
■一般利用
■測定代行
UVSOR■共同利用■施設利用(企業)■共同研究
KEK-PF■共同利用(G型、S2型等)
■緊急型課題
■優先施設利用■試行施設利用
注)利用制限有
■一般施設利用
■代行測定・解析業務
■共同研究

※ 荒い目安ですが、例えば硬X線XAFSの標準的な透過法の場合、1回の実験に要する時間は概ね20分間程度です。これは主に分光器でエネルギー掃引に要する機械的な時間です(クイックXAFSなら1分間程度でも実験可能です)。これに試料準備、セッティング、実験条件の調整、データ処理等が加わります。試料濃度が薄かったりエネルギー掃引の範囲が広い場合、その倍以上の実験時間が必要となる場合もあります。軟X線XAFSの場合も標準的な条件なら1回の実験に概ね20分間程度と想定しておくと良いようです。